西川きよし、がん啓発トークイベントに妻ヘレン&長男忠志と登壇

サンスポ
LINEの扱いに四苦八苦する西川きよし(右)にやさしく教える長男、西川忠志(中央)とあきれて苦笑する西川ヘレン=東京・有楽町
LINEの扱いに四苦八苦する西川きよし(右)にやさしく教える長男、西川忠志(中央)とあきれて苦笑する西川ヘレン=東京・有楽町

タレント、西川きよし(76)が6日、東京・有楽町の東京ミッドタウン日比谷1階で行われた前立腺がん啓発トークイベント(製薬会社ヤンセンファーマ主催)に妻でタレント、西川ヘレン(75)、長男でタレント、西川忠志(54)と登壇した。

2015年に前立腺がんと診断されたきよし。手術や治療を経て現在も定期検査は受けているが、すっかり元気になって仕事し生活している。当初は医師の元へ行くのを渋ったが、ヘレンが「一緒にお医者さんに行きましょう」と促し、早期発見・治療につながった。

きよしは60歳を過ぎてから前立腺肥大となり、がんと診断される直前は就寝しても約1時間半に1回トイレに起きるほど頻尿で残尿感があったという。当時を振り返り「年のせいだと思わないで、(私の決めぜりふ)『小さなことからコツコツと』ではないですけど、小さな異変も疑って泌尿器科を受診することが大事です。妻に感謝です」と強調した。

イベントに同席した専門医などによると、前立腺がんは50歳以上の中高年男性に多いが、とかく医師の診断を仰ぐことに消極的な人が多い。このため、ヘレンは早期発見のために家族や周囲の心がけとして①できれば朝、やさしい笑顔で診察を勧める②他の家族や周囲も巻き込んで勧める③誰かが必ず付き添って診察を受ける-の3つを推奨した。

忠志も「いつも元気な父が前立腺がんになったときは驚きましたが、泌尿器科の診察を勧めた母の即断即決は不幸中の幸いだった。母にありがとうと言いたいです」としみじみ。きよし夫妻は主催者制作の「医師への相談をおくらせない動画」に出演しており、それを忠志がLINEできよしの携帯に送ってみせた。

ところが、その動画の開き方をスマホが不得手なきよしが分からず、アタフタするヒトコマも。すねるきよしを忠志がなだめ丁寧に教える姿は、まるで親子コントのようになり、見守る人たちの笑いも誘った。

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」

  4. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も