阪神は痛恨ドロー 矢野監督はバント失敗の島田に「決められる選手になっていかないと」

サンスポ
島田は延長十二回、バントを失敗する。捕手の目の前に転がしてしまった(撮影・安部光翁)
島田は延長十二回、バントを失敗する。捕手の目の前に転がしてしまった(撮影・安部光翁)

(セ・リーグ、阪神2-2巨人、22回戦、阪神14勝7敗1分、2日、甲子園)延長十二回、たどり着いても戦える用意はあったが…。先頭で代打・原口が左前打を放ち、代走・植田。送り出した男たちの躍動でサヨナラ勝ちに迫ったものの、島田が犠打失敗。矢野監督も痛恨ドローのポイントに挙げざるを得なかった。

矢野監督は厳しい表情で引き揚げる。後方ではトラッキーが深々とおじぎしていた
矢野監督は厳しい表情で引き揚げる。後方ではトラッキーが深々とおじぎしていた

「バントをしっかり決めなあかんね。(直後に失敗した)盗塁にかんしては精いっぱい行った中のプレーやし、責めるつもりはまったくない。バントを決められる選手になっていかないと」

九回に4安打を浴びて同点とされたケラーの背信投球は痛すぎた。それでもリリーフ陣が希望をつないだ。あとは作戦だけだった。

十二回無死一塁で打席に入ったのは、七回に坂本の代打で途中出場していた島田。今季、著しい成長を見せ「うなぎ」の愛称でチームに欠かせない存在となったが、前日まで18打席連続無安打。3試合連続でスタメンを外れ、この日は昼間にウエスタン・広島戦(鳴尾浜)に出場していた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳