パリSGなどに分担金課す

産経ニュース

欧州サッカー連盟(UEFA)は2日、2018~22年の期間に収支均衡を求める財務規定の順守を怠ったパリ・サンジェルマン(フランス)など8クラブと、合計で1億7200万ユーロ(約241億円)の分担金を課す和解契約を結んだと発表した。2600万ユーロ(約36億円)は無条件で課され、残額は今後3~4年で財務状況を改善すれば免除される条件付き。

無条件分の最高額はパリSGの1千万ユーロ(約14億円)。他の7クラブはローマ、インテル・ミラノ、ユベントス、ACミラン(以上イタリア)、ベシクタシュ(トルコ)、マルセイユ、モナコ(ともにフランス)だった。(共同)

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず