若者の「闇バイト」防げ 東京、用語検索に警告動画

産経ニュース
「闇バイト」を検索する若者に警告するターゲティング広告
「闇バイト」を検索する若者に警告するターゲティング広告

「高時給」「出し」…。特殊詐欺の「受け子」などの「闇バイト」に応募しようとして、関連キーワードをインターネットや交流サイト(SNS)で検索した若者に向け、警告の動画を流す取り組みを東京都が始めた。ツイッターで闇バイトを募る書き込みに警告文を出す取り組みは都道府県警でも行われているが、都によると、検索履歴などから対象を絞り込む「ターゲティング広告」を使った対策は全国初という。

アカウント情報などを基に都内在住の15~39歳を対象とした。グーグルやヤフーの検索サイトのほか、ツイッター、インスタグラムで関連用語を検索すると、20秒の広告動画が再生され、「捕まるとは思わなかった」「だまされた人はずっと苦しんでいる」などのメッセージが流れる。運用を始めた8月1日以降、25日間で約1万5千件のアクセスがあったという。

都治安対策課の山上嘉人課長は「一度手を染めたら抜け出せなくなる。手軽に稼げるといったワードに飛び付かないで」と話している。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 台湾に安倍元首相の等身大銅像 24日に除幕式