NY株、5日ぶり反発 145ドル高 割安銘柄を物色

産経ニュース
ニューヨーク証券取引所(ロイター)
ニューヨーク証券取引所(ロイター)

1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比145・99ドル高の3万1656・42ドルで取引を終えた。前日までの下落を受けて割安感が出た銘柄が物色され、相場全体を押し上げた。

米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締め長期化で景気が後退することを懸念した売りが先行し、一時は290ドル超下げた。ただ、前日までの4営業日で1800ドル近く下げていたため、米雇用統計の発表を2日に控えて持ち高調整の買いが入り、取引終盤にかけて上昇に転じた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は5営業日続落し、31・07ポイント安の1万1785・13。

個別銘柄では、医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソンやアムジェンの上昇が目立った。航空機のボーイングは売られた。(共同)

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終