狭山茶のクラフトビール人気 「茎の皮」活用、豊かな香り

産経ニュース
インターネット販売が始まったクラフトビール「狭山GREEN」(アサヒグループジャパン提供)
インターネット販売が始まったクラフトビール「狭山GREEN」(アサヒグループジャパン提供)

日本三大銘茶の一つに数えられる埼玉県西部の特産品「狭山茶」を使ったクラフトビール「狭山GREEN」が人気だ。製茶の際に取り除かれていた「ケバ茶(茎の皮)」を用い、緑茶の豊かな香りを楽しめることが特長だ。4月から飲食店などで提供してきたが、好評だったことを受けて先月からインターネットでの販売を始めた。

アサヒグループのアサヒユウアス(東京都墨田区)が、埼玉県狭山市の製茶業者と連携して開発した。

同社は、捨てられるコーヒー豆を活用したクラフトビールなど持続可能性を意識した製品を手がけており、今回は、従来はティーバッグなどにしか使われていなかったケバ茶に着目した。狭山茶の特徴である強い火入れを施したケバ茶を丁寧に水出しし、ホップを多用したビールに約3割ブレンドした。

埼玉県や東京都の飲食店などで提供したところ、評判は上々だったという。インターネット販売の価格は、350ミリ缶6本セットで4200円。他のクラフトビールとセットにした商品もある。

アサヒユウアスの担当者は「芳しい緑茶の香りとさわやかなホップの香りを楽しむことができる。食品ロス削減と狭山茶業界の活性化に貢献したい」と話している。(中村智隆)

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」

  4. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も