ロシア、極東で大規模演習 ウクライナ侵攻中に「余力誇示」

産経ニュース
「ボストーク2022」に参加するためロシア極東ウラジオストクを出港するロシア太平洋艦隊の軍艦(ロシア国防省が1日公開した動画から、共同)
「ボストーク2022」に参加するためロシア極東ウラジオストクを出港するロシア太平洋艦隊の軍艦(ロシア国防省が1日公開した動画から、共同)

ロシアは1日、極東地域などを管轄する東部軍管区の各地で大規模軍事演習「ボストーク(東部)2022」を開始した。露側の発表では、7日までの演習に中国やインドなど13カ国が部隊やオブザーバー要員を派遣。ウクライナ侵攻が停滞する中でも軍事的余力があることを誇示し、国際的に孤立したとのイメージを払拭する思惑があるとみられる。

期間中には日本海の露沿岸海域で、露中海軍による合同演習も実施。結束を示し、ウクライナや台湾を支援する日米両国を威圧する狙いもあるとみられる。中露は近年、日本周辺で「合同パトロール」と称し、戦略爆撃機の飛行や軍艦の航行を繰り返している。

陸上演習は7カ所で行われ、ロシアが不法占拠する北方領土の択捉(えとろふ)、国後(くなしり)両島も含まれている。

露軍は中央、東部、南部、西部、北方艦隊の5軍管区を設定しており、各軍管区が持ち回りで年次演習を実施。東部での実施は2018年以来となる。

露国防省によると、今回の演習には5万人以上の兵員、戦車など5000以上の兵器、140機の航空戦力、60隻の艦艇が参加。規模は18年の兵員30万人以上から大幅に減少した。東部軍管区の兵員や装備もウクライナ侵攻に投入されていることが要因だとみられる。タス通信が中国国営メディアの報道として伝えたところでは、中国が今回派遣したのは2000人規模。

露側は各国の派遣人数を公表しておらず、武官の視察にとどまる国もあるとみられる。露国防省によると、1日はインドを含む9カ国の部隊が演習地域への集結を完了。露軍艦艇が日本海やオホーツク海で機雷撤去の任務を実施した。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず