商社2社、サハリン2の権益維持へ 露が承認

産経ニュース
サハリン2の液化天然ガス(LNG)加工施設=2009年2月、ロシア・サハリン州
サハリン2の液化天然ガス(LNG)加工施設=2009年2月、ロシア・サハリン州

ロシア極東の石油・天然ガス事業「サハリン2」を巡り、ロシア政府は31日、新たな運営会社に三菱商事が出資することを承認したと発表した。出資比率は旧運営会社と同じ10%。三井物産もすでに新会社への12・5%の出資を認められており、日本側はサハリン2の権益維持へ前進した。

三菱商事は31日、「政府の承認が公表されたことは事実。今後、さまざまなシナリオを想定しつつ、関係者との協議を通じて、株主間協定書の条件やそれに伴うリスクなどを精査して参ります」とコメントした。

旧会社の全ての権利や義務を引き継いだ新会社は、ロシア政府の主導で8月5日に設立。旧会社にはロシア政府系のガスプロムが約50%、英シェルが約27・5%、三井物産が12・5%、三菱商事が10%を出資していた。シェルは今年2月のロシアのウクライナ侵攻後に撤退方針を表明した。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終