今季インフルワクチン、7000万人分で過去最多

産経ニュース
厚生労働省=東京都千代田区
厚生労働省=東京都千代田区

厚生労働省は31日、今シーズンのインフルエンザワクチンの供給量が、記録の残る中で最も多い7042万人分になる見込みだと専門部会に報告した。冬に当たる南半球のオーストラリアでインフルエンザが流行し、日本でも今シーズンは流行が早く始まる恐れや、規模が例年より大きくなる恐れを指摘する専門家もいる。今後、新型コロナウイルスと同時に流行する懸念があり、ワクチンの需要が高まる可能性がある。

今シーズンはメーカーの増産で供給量が増加。接種が本格的に始まる10月1日までに、高齢者の9割が1回ずつ接種できる量が供給されるという。

厚労省のワクチン分科会は7月、希望すれば新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンを同時に接種することを可能とした。

日本ではインフルエンザは過去2シーズン続けて低水準で、小さな子供を中心に免疫を十分に持っていない人が増えているとの報告もある。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者