ローソン×猿田彦珈琲のコラボスイーツに絶賛の声「苦味があってうまうま」「大人なスイーツ」

イザ!
マロンジェラッテ
マロンジェラッテ

コンビニエンスストア大手のローソンと、スペシャルティコーヒー専門店の猿田彦珈琲が初めてコラボレーションしたスイーツ2品の販売が30日から始まり、ネット民の注目を集めている。

ローソンのオリジナルブランド「Uchi Cafe(ウチカフェ)」シリーズの新商品「キャラメルジェラッテ」と「マロンジェラッテ」。ジェラッテとは、猿田彦珈琲が販売する新感覚スイーツドリンクで、コーヒーやフルーツ、ゼリー、ミルクなどを層に重ね、振って混ぜながら食べると、ほろ苦いコーヒーの味わいや異なる食感を楽しむことができる人気商品だ。

新商品はジェラッテをイメージし、コンビニスイーツにアレンジ。「キャラメル-」は、コーヒージュレの上に、なめらかなカスタードクリーム、さくさくとした食感のホワイトチョコクランチ、程よい甘みのキャラメルホイップを重ね、天面にココアパウダーを振りかけて仕上げた。「マロン-」は、ふんわりとした食感のコーヒーほうじ茶ムースの上に、コーヒージュレ、パリッとした食感のチョコチップ、ホイップクリーム、なめらかなマロンクリームを重ねた。価格はどちらも税込み354円。

コーヒー専門店とのコラボを受け、ネットでは「ぜってえうめえだろ」「ケーキ買うより安くて味の満足度高そう」「近所のコンビニ全部ローソンに変わってほしい」などと、期待の声が相次いでいる。

実食レポも続々と寄せられており、ツイッターには「めちゃくちゃうまい」「猿田彦コラボとあって、コーヒーゼリーやムースなどがとてもおいしかった」などと絶賛の声が寄せられている。「キャラメル-」には「甘すぎず程よく苦味があってうまうま」「コーヒーの香りがとってもいい。大人なスイーツ」「うまい。マロンと優劣付け難い」「私は、キャラメルジェラッテ派でした」などの感想。一方の「マロン-」にも「おいしい。ほうじ茶入ってる。コーヒーとお茶のマリアージュ」「マロンクリームに生クリームにコーヒーゼリーにナッツと多層になってるので味と食感の違いを楽しめるのが良い。一番評価したいのはやはりコーヒーゼリーが苦めなところ」「大好きなほうじ茶ムースにマロンクリーム!最高!!!」といった評価が寄せられている。

猿田彦珈琲は「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」がコンセプト。2011年に東京・恵比寿に1号店を開店、8月31日時点で国内18店舗を展開している。

キャラメルジェラッテ
  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 立川志らく「洒落がキツすぎます。あんパンの恩返しもまだしていない」 三遊亭円楽さん死去に悲痛