佐藤V4、池江は2種目制覇 競泳インカレ

産経ニュース
男子200メートル平泳ぎ決勝 2分8秒46で優勝し、喜ぶ佐藤翔馬=東京辰巳国際水泳場
男子200メートル平泳ぎ決勝 2分8秒46で優勝し、喜ぶ佐藤翔馬=東京辰巳国際水泳場

水泳の日本学生選手権は31日、東京辰巳国際水泳場で競泳が終了し、男子の200メートル平泳ぎは東京五輪代表の佐藤翔馬(慶大)が2分8秒46で4年連続の優勝を果たした。

400メートル個人メドレーは本多灯(日大)が4分11秒29で2年ぶりに制した。本多は800メートルリレーでも日大の第1泳者を務めて優勝に貢献し、今大会5種目で頂点に立った。

女子の100メートル自由形は池江璃花子(日大)が54秒26で初制覇。800メートル自由形は難波実夢(近大)が8分35秒65で、200メートル平泳ぎは今井月(東洋大)が2分23秒02で勝った。3人はいずれも今大会2冠。

学校対抗の男子は日大が2連覇し、女子は中京大が2011年以来の優勝をした。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信