郷ひろみ〝GO泣〟 午後5時開演、レコードデビュー50周年記念式典で誓った生涯現役「一日でも長く大好きな歌を歌っていきたい」

サンスポ
深みを増した歌声で熱唱する郷。これからもファンのために歌い続ける=東京・港区(撮影・加藤圭祐)
深みを増した歌声で熱唱する郷。これからもファンのために歌い続ける=東京・港区(撮影・加藤圭祐)
その他の写真を見る (1/23枚)

歌手、郷ひろみ(66)が29日、東京・港区のソニーグループ本社で行われたレコードデビュー50周年記念式典に出席した。1972年8月1日に「男の子女の子」でスタートさせた歌手人生を振り返り、ファンに感謝を伝えると思わず涙。デビューから一貫して同社に所属しており、現存する〝最古のソニー製品〟となるレジェンドは「僕に関しては永久保証ですよ!」と満面の笑みで生涯現役を誓った。

「GO」にちなんで午後5時50分に開催された50周年記念式典。主役は「このような機会を設けていただき、本当にありがとうございます。郷ひろみです」と抽選で選ばれたファン50人の前に両手を挙げて登壇し、喜びをかみしめた。

デビューから半世紀。昭和、平成、令和と常に音楽界の最前線を走り続てきた。その功績をたたえ、ソニー・ミュージックエンタテインメントの代表取締役社長、村松俊亮氏からメモリアルプレートを贈呈されると、「今、頭の中には『感謝』という言葉しか浮かんでこない」としみじみ。自身でも「ちょっと変わった曲」と評する「男の子女の子」がデビュー曲として選ばれた経緯を振り返り、「独創性がソニーの社員の方に根付いている」と個性あふれる社風に脱帽した。

あいさつでは男泣きする場面も。ファンに対して謝意を伝える際、「50年間も…こうして支えてくれてありがとう」と声を詰まらせ、「これから…僕は、皆さんのためだけに歌っていこうと思います」と瞳を潤ませた。

式典の後半では代表曲「言えないよ」を皮切りに、初披露となる自ら名付けた最新曲「ジャンケンポンGO‼」、「2億4千万の瞳」、そして原点である「男の子―」を円熟味の増した歌声で熱唱し、持ち前のキレキレダンスでも魅了した。

ソニーミュージックの前身・CBSソニー時代から50年間、変わらず同じレーベルに所属してきた郷。報道陣から「現存する最古のソニー製品」としての心境を問われ、「僕に関しては永久保証ですよ!」とアイドル時代から変わらないGO快な笑みをお見舞い。

「50年という数字は、ソニーという会社が存在してきたからこそ、ファンの方々が支えてくれたからこそ到達できた。前を見て、一日でも長く大好きな歌を歌っていきたい」と〝生涯GO〟することを約束した。

★フィナーレは12・26武道館 12月26日に50周年のフィナーレを飾る特別コンサートを東京・日本武道館で開催。キャリア初で最大のチャレンジとなる全50曲を披露する公演に郷は「締めくくりですから最高のショーを皆さんに届けたい」と意欲。また、同21日に50周年記念オールタイムベストアルバムを発売することも決定した。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳