ゲーム1日60分の条例「合憲」判断 高松地裁が請求棄却 香川で全国初の施行

産経ニュース

子供のゲーム利用時間の目安を定めた香川県のインターネット・ゲーム依存症対策条例は、憲法13条が保障する幸福追求権や自己決定権を侵害し、精神的苦痛を受けたとして、提訴時に高松市の高校生だった男性(19)と母親が県に計160万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、高松地裁(天野智子裁判長)は30日、条例を「合憲」と判断し、請求を棄却した。

ゲーム利用時間の目安を定めた条例の施行は全国初のケースだった。

条例は、ネットやゲームの過剰な利用が学力や体力の低下、ひきこもり、睡眠障害などを引き起こすと指摘されているとしてゲーム依存を防ぐことを目的や理念とする。

ゲームなどの利用時間は「1日60分(学校休業日は90分)」「義務教育修了前は午後9時、それ以外は午後10時」までを目安に家庭内でルールを設け、子供に順守させるよう保護者に「努力義務」を課している。違反しても罰則はない。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…