DeNA・三嶋一輝「胸椎黄色じん帯骨化切除術」で今季絶望 国指定の難病 過去に星野仙一さんら発症

サンスポ
DeNA・三嶋一輝
DeNA・三嶋一輝

DeNAは30日、三嶋一輝投手(32)が国指定の難病「胸椎黄色じん帯骨化症」と診断され、29日に東京都内の病院で「胸椎黄色じん帯骨化切除術」を受け、無事に終了したことを発表。今後はリハビリに努める。全治は不明だが、今季中の復帰は絶望とみられる。

右腕は球団を通じて「悩みに悩んだ結果、手術することを決断いたしました。自分を信じて、前を向いて、前よりももっと強くなって帰ってきます!」とコメントした。

三嶋は今季、セットアッパーとしてスタートするも5月8日に右肩の張りを訴え、登録抹消。その後はイースタン・リーグで11試合に登板したが1軍復帰は果たせず。今季は13試合で2勝2敗、1セーブ、防御率2・84に終わった。昨オフには価格変動制の3年契約を球団と結んでいる。

「黄色じん帯骨化症」は国指定の難病で、過去には楽天監督時代の故・星野仙一さんや現役選手では南昌輝(ロッテ)、大隣憲司(ソフトバンク→ロッテ)、越智大祐(巨人)らも発症し、手術を受けている。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 【スクープ最前線】「核テロ」か「亡命」か 窮鼠のプーチン大統領が狂乱状態に 「台湾統一」難しくさせたと習主席は激怒 盟友から一変、首脳会議で何が

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー