逃げるな!岸田政権

「闘う政治家」安倍元首相との違い 〝敵をつくらない〟岸田首相、先回りして批判の芽を封じるが「旧統一教会問題の対応はいただけない」

ZAKZAK
世界から信頼された安倍元首相(左)。岸田首相の真価は
世界から信頼された安倍元首相(左)。岸田首相の真価は

「命を狙われて初めて政治家」

大阪府知事になって間もない橋下徹氏に、安倍晋三元首相がこう言ったそうだが、安倍氏は本当に「闘う政治家」だった。

果敢に衆院を解散して民意を聞いたから、反アベ勢力は「選挙に勝っても少数派を軽視するな」「過半数取っても議席が減ったら退陣しろ」「野党票と棄権を合計したら与党の得票より多い」などと、民主主義を否定するような批判しかできなかった。

また、外交でも内政でも、安倍氏は自ら先頭に立って、共通の価値観を持つ国々や、自分と志を同じくする政治家、支持者を守った。だからこそ、世界から信頼され、「安倍首相の時代は日本が世界を主導した」と、大宰相として尊敬された。

国内では、これまでの首相が、かつては進歩派、最近では「リベラル」と称する人たちの顔を優しく立てて、なれ合っていたのに対し、安倍氏は遠慮せずに彼らと戦った。

私はきょう(29日)、『安倍さんはなぜリベラルに憎まれたのか 地球儀を俯瞰した世界最高の政治家』(ワニブックス)という追悼本を刊行した。書名はそういう思いがあるからだ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗