ベネズエラと国交回復 コロンビア左派政権

産経ニュース
29日、ベネズエラのマドゥロ大統領(右)と面会するコロンビアのベネデッティ大使(ロイター)
29日、ベネズエラのマドゥロ大統領(右)と面会するコロンビアのベネデッティ大使(ロイター)

コロンビアとベネズエラは29日までに双方の国に大使を派遣し国交を回復した。ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権が2019年にコロンビアの右派ドゥケ政権と断交。今月就任したコロンビアの左派ペトロ大統領はベネズエラとの国交回復を公約にしていた。

コロンビアのベネデッティ大使は29日、ベネズエラのマドゥロ大統領と面会し信任状を手渡した。ベネズエラのプラセンシア大使もコロンビアの首都ボゴタに到着した。

19年にコロンビア大統領だったドゥケ氏は18年のベネズエラ大統領選に不正があったとして、暫定大統領就任を宣言した野党連合出身のグアイド国会議長(当時)を承認した。(共同)

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた