歴史トークとcoyomiさんの歌、ユニークなコンサート 千葉・匝瑳で開催

産経ニュース
歴史トークと歌のユニークなコンサートが開催された=千葉県匝瑳市(匝瑳城郭保存活用会提供)
歴史トークと歌のユニークなコンサートが開催された=千葉県匝瑳市(匝瑳城郭保存活用会提供)

千葉県匝瑳市の歴史に関するトークショーとシンガーソングライター、coyomi(こよみ)さんの弾き語りによる「匝瑳市歴史トーク&海と丘と暦のコンサート」が、同市の地域交流センター「ナザレの里」で8月21日に開かれた。満員の約70人がユニークな催しを楽しんだ。

歴史トークはcoyomiさんと、千葉城郭保存活用会の小室裕一代表が対談形式で行った。小室氏は、市内などを流れる借当川が中世、物資の輸送に大きな役割を果たしてきたことや、3つの荘園に分かれていたため争いが多く、里見氏による侵攻に備える必要もあり、多くの山城が建てられたことなどを語った。

coyomiさんは「少年時代」や「渡良瀬橋」といったカバー曲のほか、自らが作詞作曲した匝瑳市のイメージソング「匝(めぐ)る思い出」などを歌い上げた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず