元巨人・マシソン氏が指導者での〝日本復帰〟に前向き 「機会があればぜひやりたい」

サンスポ
カジキ釣りの国際大会に出場したマシソン氏=茨城県内(撮影・八木拓郎)
カジキ釣りの国際大会に出場したマシソン氏=茨城県内(撮影・八木拓郎)

プロ野球巨人で救援投手として活躍したスコット・マシソン氏(38)が28日、茨城県内で行われたカジキ釣りの国際大会「大洗インターナショナルフィッシングフェスティバル」の表彰式に出席し、取材に応じた。

27、28日の2日間で釣り上げたカジキの重量などを競う大会で、マシソン氏は海外からの招待選手として出場。27日は成果をあげられず、この日も悪天候で大会が中止となったが、3年ぶりの来日に「ずっと帰ってきたかったので、やっと来ることができてすごくうれしい。日本は大好きで、自分にとっては第二の故郷です」と笑顔を見せた。

マシソン氏は2012年から19年まで巨人でプレーし、最優秀中継ぎ投手賞を2度獲得。現在は現役を引退し米フロリダに在住だが「毎朝5時に起きて、最初にするのはジャイアンツの結果を見ること」と古巣への愛は変わらない。「コロナの影響もあって苦しいと思うけど、監督もコーチも素晴らしいので盛り返してくれると期待しています」とエールを送った。

ファンからの人気も高く〝日本復帰〟を望む声も大きい。「今は子供が小さいので国外に行くのは厳しいし、そういう話はないけど、機会があればぜひやりたい」と指導者としてのカムバックについても前向きに話した。

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も