東洋大・水谷祥平がソフトバンク3軍との練習試合で本塁打 「リーグ戦につなげたい」

サンスポ
東洋大・水谷祥平はソフトバンク3軍戦で左越え本塁打を放ち、迎え入れられた(撮影・赤堀宏幸)
東洋大・水谷祥平はソフトバンク3軍戦で左越え本塁打を放ち、迎え入れられた(撮影・赤堀宏幸)

大学野球練習試合(東洋大2-6ソフトバンク3軍、28日、東洋大グラウンド)東洋大は、2番・水谷祥平外野手(3年)が5点差を追う六回、先頭でソフトバンクの先発右腕・桑原秀侍投手(20)から左越えソロを放った。「打ったのは何か(球種を)覚えていない。秋のリーグ戦につなげるようにしたい」と意欲を見せた。

京都・龍谷大平安高時代は、4番として2019年選抜大会8強まで進んだ。入学時から昨春まで東都1部リーグ戦を経験したが2部リーグに降格後、今春2部を制しながら、入れ替え戦で1部復帰を果たせなかった悔しい思いが募っている。身長は174センチで、入学時の体重が72キロから79キロまでビルドアップした右打ちの外野手は、敗れたが貴重なプロとの試合での一発を糧に「2番としてチームが勝てる打撃をして、東都の1部でできるようにしたい」とフォア・ザ・チームに徹していくつもりだ。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 立川志らく「洒落がキツすぎます。あんパンの恩返しもまだしていない」 三遊亭円楽さん死去に悲痛