広島が坂倉、西川、矢野の一発攻勢で本拠地を沸かす

サンスポ
二回に先制の本塁打を放つ広島・坂倉(撮影・林俊志)
二回に先制の本塁打を放つ広島・坂倉(撮影・林俊志)

(セ・リーグ、広島-巨人、23回戦、巨人12勝10敗、27日、マツダ)マツダスタジアムは、五回までで両軍計4アーチが飛び交う空中戦となった。まずは広島・坂倉が二回1死、直江の外角高めの147キロ直球を右翼席に運ぶ11号ソロで、先制した。

「うまく捉えられた。先制することができて良かった」

先発・遠藤が1点リードの四回に中田に2ランを浴びたが、打線がすぐに反撃した。四回先頭で西川がバックスクリーン右へ9号ソロを放って追い付くと、なお無死一、三塁で堂林の遊ゴロ併殺の間に勝ち越し。五回先頭では矢野が右越えに2号ソロを放ち、4─2とリードを広げた。

西川は「バッティングカウントだったので、思い切っていった。引き続き頑張ります」とおなじみのコメント。矢野は「逆方向を意識して、インサイドに入ってきたところをいい反応で打つことができた」とプロ2本目のアーチを初々しく振り返った。

チームは16日に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、療養していたメンバーが続々と復帰している。正二塁手の菊池涼が26日から1軍練習に参加し、27日には佐々岡監督、野間、小園、上本が1軍に加わった。

試合前時点で残り24試合。2018年以来のセ・リーグ優勝は厳しい状況だが、まだクライマックスシリーズがある。まずはAクラス入りを目指して、1つでも上の順位を目指して戦っていく。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者