映画「ワンピース」興収100億円突破! ’22邦画初の大台

サンスポ
ONEPIECE
ONEPIECE
その他の写真を見る (1/4枚)

アニメ映画「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)が公開20日目で興行収入100億円を超え、720万人を動員したことが25日、分かった。

配給の東映によると、今年公開された邦画の大台突破は初めてで、邦画の興収が100億円を超えるのは昨年公開の「劇場版 呪術廻戦 0」(137億円)以来。国内最高興収は、404・3億円を記録した20年公開のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で、同作は公開10日目に100億円を突破している。

今年の洋画では米俳優、トム・クルーズ(60)主演の「トップガン マーヴェリック」(5月27日公開)が24日時点で興収約116億円を記録。100億円まで65日間を要したが、「ONE PIECE-」は3倍以上上回るハイペースで数字を伸ばしている。

同作は連載25周年を迎えた尾田栄一郎氏の人気漫画が原作の劇場版15作目。過去のシリーズ最高興収は2012年公開の「ONE PIECE FILM Z」の68・7億円だった。

今作は人気キャラクターのシャンクスと彼の娘で世界的な歌手ウタが物語の鍵を握り、歌手のAdoが歌う劇中歌も大ヒット。東映は「連載25周年を迎えた原作の盛り上がりや劇中歌のヒットが映画の人気を後押ししている」と分析した。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信