9月10日は「球都桐生の日」 桐生第一など強豪校輩出、日本野球の聖地も

産経ニュース
平成11年夏の甲子園決勝で優勝を決め、エース正田投手のもとに駆け寄る桐生第一ナイン
平成11年夏の甲子園決勝で優勝を決め、エース正田投手のもとに駆け寄る桐生第一ナイン

「野球」をテーマにした公民連携によるまちづくり活動を推進するとして、群馬県桐生市は、9月10日を「球都(きゅうと)桐生の日」として制定することを決めた。高校野球の強豪校を輩出してきたほか、プロ野球の戦後再開の球場を持つなど、野球との関わりが深いことを活用する。

桐生市内からは、これまで桐生、桐生工業、樹徳、桐生第一、桐生商業の5校が甲子園(全国高等学校野球選手権大会)に出場。なかでも桐生第一は、平成11年の夏に全国制覇を成し遂げたことでも知られる。

また、新川球場(現・新川公園)は、昭和2年の全国大会に桐生中が初出場したことを機に造成され、六大学野球などの大きな試合の舞台として使用された。中でも戦後初のプロ野球公式戦が行われたことから、日本野球機構は「戦後プロ野球の夜明けの地」と紹介。野球伝来150周年の今年、「日本野球聖地150選」にも選ばれている。

親しみやすく覚えやすいとして、球都のゴロに合わせ9月10日とした。

市では制定を機に、大会誘致など野球関連事業による地域活性化策を検討するほか、交流人口の増加や地域経済の活性化にもつなげていきたい考え。また「スポーツを通じた青少年の健全育成にも力を入れて、人口減少にも歯止めをかけたい」としている。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず