郵便局で2億円詐取疑い 死亡の前局長を書類送検 愛媛

産経ニュース

愛媛県愛南(あいなん)町の深浦郵便局で、死亡した前局長の30代男性が計2億4千万円を横領や詐取したとされる問題で、愛媛県警愛南署は26日、電子計算機使用詐欺の疑いで前局長を書類送検した。

書類送検容疑は昨年6月、ゆうちょ銀行のオンラインシステムで計14回にわたり、自分名義の口座に入金があるように見せかける不正な操作をし、計2億2千万円相当をだまし取ったとしている。今年2月にゆうちょ銀行が被害届を出していた。

日本郵便四国支社によると、前局長は書類送検容疑のほかに、昨年の5月と6月、局で保管していた現金計2千万円分を横領した。同支社が抜き打ち調査した際に席を外したまま行方不明になり、後に死亡が確認された。自殺とみられる。横領については被害届が出されていなかった。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. やはり「酔えるグミ」は無責任なのか UHA味覚糖が間違えたこと

  2. 【球界ここだけの話(3006)】阪神・大竹耕太郎が感じた岡田流の〝言葉力〟 そんな上司のありがたさ

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間

今、あなたにオススメ