志尊淳、NHK朝ドラ「らんまん」で神木隆之介と共演!ファン歓喜「半分、青い。ぶりだー!!」「ボクテ以来」

イザ!
志尊淳
志尊淳

NHKが26日、2023年度前期の連続テレビ小説「らんまん」に俳優の志尊淳が出演すると発表した。同日、志尊は自身のツイッターを更新。その意気込みをつづると、ファンから喜びや期待の声が相次いだ。

同作は日本の植物学の父、牧野富太郎をモデルに、劇作家、長田育恵さんが手掛けたオリジナル作品。激動の時代にひたすら愛する草花と向き合い続けた植物学者の波瀾万丈の物語として描かれる。主演は俳優の神木隆之介が務める。

志尊は、神木演じる槙野万太郎の生家である酒蔵「峰屋」の番頭の息子、竹雄を演じる。年が近いことから万太郎のお目付け役を命ぜられ、万太郎に振り回されつつも一番の理解者として支え続ける役柄だという。志尊にとっては2018年に放送された「半分、青い。」(第98作)以来の朝ドラ。前作では、女優の永野芽郁が演じたヒロイン、楡野鈴愛が弟子入りした少女漫画家のアシスタントで、「ボクって…」が口癖の“ボクテ”こと、藤堂誠役を演じ話題となった。

神木隆之介
神木隆之介

神木とは公私ともに仲が良く、以前から一緒に作品を作りたいと話していたといい、今作でその念願が叶った。この日の投稿で志尊は「久しぶりの朝ドラ。竹雄として万太郎を 志尊淳として神木隆之介を支えられるよう 半年間楽しみたいと思います。お楽しみに」とつづった。

5年ぶりの朝ドラ出演にファンは歓喜。「きたああああああ!!!おめでとう」「朝ジュン」「朝ドラ 半分、青い。ぶりだー!!」「また毎朝淳ちゃんに会えるのかと思うとめっちゃうれしい」「ボクテ以来の朝ドラ」「朝から志尊くんが観られるのうれしい」「春が待ち遠しいわぁ」といったリプライが殺到。また、「竹雄役ってどんなだろうなぁ」「竹雄ー 名前がかわいくってもう愛着がわきそう」「舞台は高知かっ」と役どころに注目する書き込みも散見された。

神木との間柄はファンの間でも有名で、「しかも仲良し神木くんと」「神木くんと共演 淳くんもうれしいよね」「仲良しの神木くんとも一緒にできてうれしいね!!撮影がんばれ~」「神木くんとの共演もめっちゃうれしい!!」「志尊くんと神木くんとの絡みが今から楽しみ」「神木くんの朝ドラに淳くんでないかなと母と話してたことがあって、それが現実になったことがめちゃめちゃうれしい」といったコメントも多数寄せられた。


  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終