成田空港で自動PCR検査 処理能力強化へ機器設置

産経ニュース
川崎重工業が関西空港に設置した、自動PCR検査ロボットシステムを搭載したコンテナ内部(川崎重工業提供)
川崎重工業が関西空港に設置した、自動PCR検査ロボットシステムを搭載したコンテナ内部(川崎重工業提供)

成田空港で26日、川崎重工業などが開発した新型コロナウイルスの「自動PCR検査ロボットシステム」の運用が始まった。検査の工程を機械が担い、国際線利用者らを対象とした処理能力を強化。医療従事者の感染リスクを減らすのも狙う。国内空港での設置は関西空港に続き2カ所目。

ロボットアームなどを搭載したコンテナが第1ターミナル近くの駐車場に設置された。川崎重工などによると、コンテナ内では、空港内のPCRセンターから届いた検体の抽出や測定などをアームが自動で行う。これまでの検査は1日に約700件だったが、コンテナ1台で最大2500件の処理が可能という。

川崎重工の担当者は「旅客需要の多い成田空港で活用してもらい、社会経済活動の回復に貢献したい」と話した。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」