渡辺&東野、3大会連続のメダル確定/バドミントン

サンスポ
混合ダブルス準々決勝で勝利し笑顔の渡辺(左)、東野組=東京体育館
混合ダブルス準々決勝で勝利し笑顔の渡辺(左)、東野組=東京体育館

バドミントン世界選手権第5日(26日、東京体育館)各種目の準々決勝が行われ、混合ダブルスで東京五輪銅メダルの渡辺勇大、東野有紗=BIPROGY=組が、マレーシアペアにストレート勝ち。3位決定戦がないため、3大会連続のメダルが決まった。阿吽(あうん)の呼吸で、渡辺、東野の〝ワタガシ〟ペアが得点を量産。特に東野のレシーブが冴え、過去2戦全勝の相手を下し、3大会連続のメダルを決めた。「我慢の勝負で勝てたのがよかった」と渡辺。東野も「きょうは相手のシャトルをしっかり見て返すことができた」と汗をぬぐった。銅メダルを獲得した東京五輪以降、得点の起点となる東野のレシーブ力を上げるため、3対1の練習に時間を割きながら強化。3月の全英オープンでは、東京五輪の準決勝で敗れた金メダリストの中国ペアを下して優勝し、自信をつけて今大会に乗り込んだ。27日の準決勝は過去3戦全勝も、勢いに乗るドイツペア。2019年銅、21年銀メダルのワタガシが、虎視眈々と頂点を狙う。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳