日本のNY総領事が仕切り直し始球式 メッツ本拠地で 5月は実施できず

産経ニュース
米大リーグのメッツ―ロッキーズ戦で始球式を行い、歓声に応える日本の森美樹夫ニューヨーク総領事(左)と捕手を務めた吉井理人氏=25日、ニューヨーク(共同)
米大リーグのメッツ―ロッキーズ戦で始球式を行い、歓声に応える日本の森美樹夫ニューヨーク総領事(左)と捕手を務めた吉井理人氏=25日、ニューヨーク(共同)

米大リーグのメッツが25日に本拠地ニューヨークのシティ・フィールドで行ったロッキーズ戦で、日本の森美樹夫ニューヨーク総領事が始球式を行った。本来は5月13日に予定されていたが、メッツのマックス・シャーザー投手が投球練習を続けたため実施できず、同球団から仕切り直しの場が用意された。

この日は1998~99年にメッツでプレーした吉井理人氏が捕手を務め、投球練習開始前にボールを投じた。森総領事は「気持ちよくセレモニーを行うことができた」と笑顔で話した。

クラブハウスではシャーザー投手と話し、サインをもらったという。「これからメッツ球団と友好関係を築いていければ」と語った。(共同)

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者