ゼレンスキー氏、原発電源喪失で「危うく重大事故」

産経ニュース
ロシアが占拠するウクライナ・ザポロジエ原発(ロイター=共同)
ロシアが占拠するウクライナ・ザポロジエ原発(ロイター=共同)

ウクライナのゼレンスキー大統領は25日、同国に侵攻したロシアが占拠する南部ザポロジエ原発で同日、一時的な電源喪失が起き、「一歩間違えば重大な事故が起きかねなかった」と述べた。事故を回避するには露軍の即時退去が必要だとし、国際社会に対露圧力の強化を求めた。国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は同日、数日中にも視察団を率いて、現地入りする意向を示した。

ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムが25日、ザポロジエ原発近くの石炭火力発電所で火災が起き、同原発との間を結ぶ送電線が損傷して原発への電力供給が途絶えたと発表した。

同原発には4本の送電線が接続されているが、3本が露軍の砲撃で使用不能になっていた。残る1本が25日に損傷したという。

ディーゼル発電機で原発への電力供給を確保している間、復旧作業を実施したため、原発の安全性に影響は出なかったという。

原発は核燃料の冷却などのために電力が不可欠で、ゼレンスキー氏は「もしディーゼル発電機が起動しなければ、世界は原発事故に耐えなければならなかっただろう」と指摘した。25日のビデオ声明の内容をウクライナメディアが伝えた。

IAEAのグロッシ氏は25日、「これ以上は時間を無駄にできない。数日内に私自身が視察団を率いて、現地入りする決意だ」とする声明を出した。

一方、原発があるウクライナ南部ザポロジエ州の占領地域にロシアが置いている暫定行政当局の幹部は26日、「25日にウクライナ軍がザポロジエ原発の最後の送電線を遮断した」と主張。現在、同原発からの電力はロシアの占領地域のみに供給され、ウクライナの支配地域には供給されていないと説明した。タス通信が伝えた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  3. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信