蔡英文総統、米議員と会談へ 今月3回目の訪台 中国の反発必至

産経ニュース
台湾に到着したブラックバーン米上院議員(左)=25日、台北(台湾外交部提供、AP)
台湾に到着したブラックバーン米上院議員(左)=25日、台北(台湾外交部提供、AP)

米共和党のブラックバーン上院議員が25日夜、台湾を訪問した。総統府報道官は「心からの歓迎」を表明。蔡英文総統と26日に総統府で会談する。米国から今月だけで上旬のペロシ下院議長、中旬の議員団に続き、3回目の訪台。中国が反発するのは確実だ。

ペロシ氏は2日に訪台して3日に蔡氏と会談し、中国は対抗措置として大規模な軍事演習を実施した。米民主党のマーキー上院議員が率いる超党派の議員団も15日に蔡氏と会談。米側は相次ぐ訪問で台湾支持が揺るぎないことを強調している。

中国の軍用機は3日以降連日、台湾海峡の中間線を越えている。ペロシ氏の訪台を口実に中間線越えを常態化させる狙いとみられている。

ブラックバーン氏は米南部テネシー州選出の保守派で、上院の軍事委員会や商業科学運輸委員会のメンバーでもある。(共同)

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず