安倍元首相暗殺にいまだ残る謎 きょう「四十九日」 一部メディアで「宗教と政治」が強調され…動機や背後関係は置き去り 「消えた弾丸」問題も捜査難航

ZAKZAK
安倍元首相暗殺事件には、さまざまな疑問が指摘されている
安倍元首相暗殺事件には、さまざまな疑問が指摘されている

安倍晋三元首相の「四十九日」を25日、迎えた。世界的政治家が凶弾に倒れた事件は、山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検、鑑定留置中=の動機や背景も含め、極めて不可解だ。各国要人らも参列する「国葬(国葬儀)」は来月27日、東京・北の丸公園の日本武道館で行われるが、捜査当局は「謎」や「闇」を解明できるのか。

「容疑者から安倍氏の距離がこれほど近かったのかと実感した。二度と起こしてはならない」

内閣改造で新たに就任した谷公一国家公安委員長は22日、奈良市・近鉄大和西大寺駅北口前の銃撃現場で黙禱をささげ、報道陣にこう語った。

山上容疑者が供述で、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)への恨みを挙げたことで、一部メディアは「宗教と政治」の関係ばかり強調しており、動機や背後関係への深掘りは少ない。

谷氏は24日、中村格(いたる)警察庁長官とともに岸田文雄首相と面会し、経過報告した。「検証は大詰めを迎えている。速やかに結論を出して公表したい」と述べたが、奈良県警の事件捜査は難航している。

山上容疑者は「旧統一教会信者だった家族が多額の寄付をし、家庭が崩壊した」「安倍氏を襲えば旧統一教会に非難が集まる」などと供述したが、安倍氏側、旧統一教会側ともに深い関係性を否定している。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず