一問一答

ソフトバンク大関が練習再開「やるぞ! という感じ」 精巣がんの疑い

サンスポ
感謝を口にしたソフトバンク・大関
感謝を口にしたソフトバンク・大関

「左精巣がんの疑い」で2日に手術を終えたソフトバンク・大関友久投手(24)が24日、タマホーム筑後で練習を再開した。キャッチボールなどで汗を流し、ときおり笑顔を見せていた。今季は18試合に登板して6勝6敗、防御率3・01。初出場だった7月のオールスターゲーム第1戦で全パの先発も務めた。練習後、取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

--今のお気持ちを教えてください

「やるぞ! という感じです」

--かなり間隔が空いてしまったが、キャッチボールをしてみて

「強度は、思い切りは投げられない期間が3週間くらいはあったので。力を入れるのは怖いですけど。軽くボールを投げたりは家でもやっていたので。6、7割で投げるのはもうできているので。ここから強度を上げて、少し時間もかけていきたいと思います」

--今後に思い描いているプラン

「傷口を見ながら、あとは、やりながら痛みが出ない程度で進めていく感じなので。どれくらいで楽になるかわからないので。ちょっと立てづらいんですけど。あまり焦らず、急いで戻すという感じはなくて。来年と(藤本)監督さんもいってくださって。来年しっかり入れるようにというところで。もし、思ったより回復が早くて、全然投げられるというなら、今シーズンを狙っていきたいと思います」

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた