検査キット一般用を初承認 ネット販売解禁で厚労省

産経ニュース
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関(佐藤徳昭撮影)
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関(佐藤徳昭撮影)

新型コロナウイルス感染の有無を調べる抗原定性検査キットに関し、厚生労働省は24日、スイス製薬大手ロシュ傘下のロシュ・ダイアグノスティックス(東京)の製品を、インターネット販売ができる一般用検査薬として承認した。同省がネット販売解禁を決めてから製品が承認されたのは初めて。

検査キットの一般用としてのリスク区分は第1類医薬品に指定されており、薬剤師による使用法の説明などが必要になる。厚労省は、使い方や注意点を適切に示す添付文書例を記載したガイドラインを全国の自治体に通知している。

ロシュの検査キットは、鼻の奥を綿棒でぬぐい採取した検体を使って検査する。15分ほどで結果が出るという。検査キットを巡っては、感染が急拡大した流行「第7波」で検査希望者が発熱外来に殺到。薬局でもメーカーへの発注増で流通が追い付かず一部で品薄状態となった。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」