宝塚宙組 真風涼帆が「007」でジェームズ・ボンドに

サンスポ
真風涼帆(2013年撮影)
真風涼帆(2013年撮影)

宝塚歌劇団は23日、イアン・フレミングの小説「007/カジノ・ロワイヤル」を舞台化したアクション・ロマネスク「カジノ・ロワイヤル ~我が名はボンド~」を、宙組の演目として上演することを発表した。脚本、演出は小池修一郎氏が担当。

華麗なるカジノを舞台に、ひそかにめぐらされる陰謀と策略。宙組トップスター、真風涼帆(まかぜ・すずほ)が、英国秘密情報部「MI6」の情報部員ジェームズ・ボンドに扮し活躍する。CIAやフランスの情報局員、ソ連側の工作員も加わり、ボンドの行く手には次々と危機が襲いかかる。

公演は兵庫・宝塚大劇場が2023年3月~4月、東京宝塚劇場が5月~6月を予定している。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国