ハラスメント訴訟で原告側、被告否認に反論 滋賀の社福法人

産経ニュース

社会福祉法人「グロー」(近江八幡市)の前理事長、北岡賢剛氏(64)から性暴力やセクハラ、パワハラを繰り返し受けたとして、元職員の女性2人が北岡氏とグローを相手取って計約5250万円の損害賠償を求めた訴訟の第6回口頭弁論が22日、東京地裁であった。原告側が、これまでの被告の事実面と消滅時効の主張に対する反論をした。

原告代理人の笹本潤弁護士によると、5月の第5回口頭弁論で、北岡氏はセクハラが常態化していたことに対する反論と、原告の木村倫さん(仮名)へのセクハラメールに対する反論を書面で提出。セクハラ、パワハラについてはほとんどを否認し、不法行為の3年間の消滅時効も主張した。

これに対し、原告側は22日の口頭弁論で、それぞれに反論。性暴力があったとされる平成24年9月のホテルでの行為について、北岡氏は「(木村さんが)性的行為に同意していた」と主張したが、「起訴提起から1年もたって、焦ってつくった作り話」「室内での出来事がすべて作り話のストーリー」などと反論した。

また、原告側は、28年8月に北岡氏が大勢の職員の前で、「夜、俺の部屋で、(木村さんのファーストネーム)が寝かせてくれないんだよ」と笑いながら繰り返しいったことなどを名誉毀損(きそん)とし、131件目の不法行為として追加した。

消滅時効については、「最初のセクハラから約13年間もの間、被害を訴え出ることができない状況下に押さえつけられており、北岡氏に対して損害賠償請求権を行使することは到底できなかった」などとした。

次回の口頭弁論は10月6日午後4時からの予定。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国