人気ブランドBEAMSとタッグ 予約制受注販売のマクアケ、地方発ヒット商品を発掘

産経ニュース
ロジャースがマクアケ、BEAMSと共同開発した備前焼のタンブラーなど(マクアケ提供)
ロジャースがマクアケ、BEAMSと共同開発した備前焼のタンブラーなど(マクアケ提供)

予約制受注販売サイトのマクアケと、衣料品・雑貨ブランドのBEAMS(ビームス、東京都渋谷区)は23日、共同で地方創生事業に乗り出すと発表した。ビームスの商品企画力と、マクアケのマーケティングや販売ノウハウを活用し、地域の中堅・中小企業を対象に新商品や新ブランドの開発を支援する。第1弾として、中国地方で展開する。

広島にマクアケの中四国拠点と、ビームスの地方唯一の直営店「ビームス広島」(広島市中区)があることから、この地域が選ばれた。両社は昨年12月~今年1月に支援を希望する中国地方の中堅・中小企業を公募し、実現可能性などをもとに16社を選定。各社の開発案件に、ビームスとマクアケの担当者が個別にアドバイスするなど伴走型支援を続けてきた。

商品はマクアケ内の特設ページ「地域で繋がり、ビームスとマクアケる IN 中国地方」に掲載、販売されている。どれも地域資源を生かしたユニークな取り組みで、16社のプロジェクトの担当者の顔写真とおすすめポイントなどのメッセージも掲載。親しみやすさを演出している。

使用済みの漁網をファッショナブルに

マクアケが開設した中国地方のユニークな製品を紹介する特設サイトの画面(同社提供)
マクアケが開設した中国地方のユニークな製品を紹介する特設サイトの画面(同社提供)

オリジナル商品企画開発のロジャース(岡山市北区)は、岡山県の伝統工芸品「備前焼」の特徴である保温性などに着目し、タンブラーやマドラーを3社で共同開発した。

製網大手の日東製網(広島県福山市)は、本来は使用済みとして捨てられるはずの網を使って、アウトドアでも使えるバッグへのアップサイクル(創造的再利用)に取り組んだ。初の消費者向け商品となるこのバッグは「THE FISH NET BAG(ザ・フィッシュ・ネットバッグ)」との商品名で販売されている。

漁網大手の日東製網が開発した使用済み漁網を材料にしたバッグ(マクアケ提供)

このほか、産業用機械製造の淡野製作所(同県安芸太田町)は、初のキャンプ用品ブランドを立ち上げ、デザインにこだわった焚き火台を開発。けん玉などの木工品開発製造を手がけるイワタ木工(同県廿日市市)も長年培った木工加工技術に金属加工技術とを組み合わせたキャンプ用の小型グリルを開発した。

「ビームス広島」で商品を展示

特設ページに掲載された商品は、ビームス広島でも8月26日~9月4日に展示され、直接、手に取れるようにする。特設サイトや店頭での売上高の一部が、マクアケとビームスの収益になる。

マクアケの担当者は「日本には地域ごとに様々な独自の文化がある。その文化を製品や技術、サービスなどにのせて全国へ発信していきたい」と話している。中国地方の取り組みが好調ならば、他の地方への展開も加速しそうだ。(松村信仁)


  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗