立民・枝野氏も旧統一教会側と接点 党調査公表、計14人を確認

産経ニュース
立憲民主党・枝野幸男前代表(矢島康弘撮影)
立憲民主党・枝野幸男前代表(矢島康弘撮影)

立憲民主党は23日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と党所属議員の関係を調査した結果、新たに枝野幸男前代表ら7人が教団側と接点を持っていたと公表した。接点が確認された立民議員は計14人となった。

調査によると、枝野氏は2006年、旧統一教会と関係が深いとされる世界日報に座談会形式の記事が掲載された。安住淳、福田昭夫両衆院議員は10年、世界日報のインタビューを受けた。

他に大串博志衆院議員の秘書が教団関連会合に出席し祝電も送った。田嶋要衆院議員のパーティーに、教団関連団体が会費1万円を支払っていた。松木謙公衆院議員は会費を支払い、古賀之士参院議員は会合に祝電を送った。

西村智奈美幹事長は23日の記者会見で「反省すべきことは言うまでもない」と陳謝した。その上で「自民も議員個人ではなく党が前面に出て調査し公表すべきだ」と訴えた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず