7月の消費者物価2・4%上昇 原油高、円安で7年半ぶり伸び率

産経ニュース
総務省=東京・霞が関(酒巻俊介撮影)
総務省=東京・霞が関(酒巻俊介撮影)

総務省が19日発表した7月の全国消費者物価指数(令和2年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比2・4%上昇の102・2だった。11カ月連続の上昇で、伸び率は平成26年12月(2・5%)以来、約7年半ぶりの大きさ。消費税増税の影響を除くと、20年8月以来約14年ぶりの大きさ。

物価上昇率は政府と日銀が目標に掲げる2%を4カ月連続で超えた。ただ日銀が想定していたような景気拡大や賃上げなどに牽引(けんいん)された物価上昇ではなく、ウクライナ危機などに伴う原油や穀物の価格高騰や、円安を背景とした物価高となっている。

項目別では、価格が天候に大きく左右される生鮮食品を除く食料が3・7%上昇した。企業による価格転嫁の動きが相次ぎ、6月の3・2%から上げ幅が拡大した。都市ガスや電気代などのエネルギーは16・2%上昇した。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎