性別変更前に誕生の子認知 女性同士の凍結精子出産

産経ニュース

性同一性障害特例法に基づき男性から性別変更した女性が、凍結保存していた自身の精子を用いて女性パートナーとの間にもうけた女児2人を認知できるかが争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は19日、うち性別変更前に生まれた長女の認知を認めた。2人とも認知できないとして法律上の親子関係を否定した1審東京家裁判決を変更した。

判決などによると、40代女性は性別適合手術を経て平成30年、戸籍上の性別を男性から女性に変更。一方、手術前に凍結保存していた精子を用いて、パートナーの女性が30年に長女、令和2年に次女を出産した。

カップルは、性別変更した女性と女児2人の法的な親子関係を生じさせるために自治体へ提出した認知届が受理されず提訴していた。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ