全長約105センチ!空母赤城の組み立てモデル「空母好きにはたまらない」 光り、動き、発煙するギミックに熱視線

イザ!
アシェット・コレクションズ・ジャパンが9月21日から販売開始する組み立て模型のマガジンシリーズ「週刊 空母赤城 ダイキャストギミックモデルをつくる」
アシェット・コレクションズ・ジャパンが9月21日から販売開始する組み立て模型のマガジンシリーズ「週刊 空母赤城 ダイキャストギミックモデルをつくる」

アシェット・コレクションズ・ジャパンは19日、マガジンシリーズ「週刊 空母赤城 ダイキャストギミックモデルをつくる」を9月21日から販売開始すると発表した。毎号付属するパーツを組み立てると、全長約105センチの大型空母「赤城」が完成。ギミック満載の巨大モデルに、模型好きのネットユーザーからの反響が寄せられている。

同社は、あるテーマやジャンルについて、週刊や隔週刊で少しずつ紹介していく「パートワーク」「分冊百科」とよばれる刊行物を発行。組み立て模型のほか、刺繍キットやDVD、ミニチュアのコレクションなども展開している。

空母赤城は250分の1スケールで、完成時の全長が105センチという大迫力。この縮尺だからこそ再現できた緻密なディテールと、本物さながらの数々の仕掛けが特徴となっている。赤城は、日本海軍初の大型空母であると同時に、世界初の空母機動部隊・第一航空艦隊の旗艦で、再現にあたっては、最新の研究結果と現代最高のモデリング技術を採用したという。

真珠湾奇襲攻撃をはじめ、史実ではほぼ活用されず幻となった各種艦載砲、右舷の煙突からの発煙、エレベーターの昇降、砲声、銃声、警戒音の発音、各種灯火類の点灯など専用リモコンで操作できる。3種の艦載機は、主翼が展張・折畳状態に可動するよう精密に再現されている。

毎号のマガジンは、模型の組み立て方をわかりやすく解説するガイドをはじめ、多彩なビジュアルと貴重な資料が豊富な6つの章で構成されている。創刊号が特別価格で299円、第2号以降は1999円(いずれも税込み)。刊行号数は全110号を予定している。

早速、模型好きのユーザーが反応し、SNSには「なんかとんでもねえもんがでっぞ」「ギミックがヤバイな」「光る!動く!発煙する!いいねぇ。なかなか所有欲を満たしそうな感じ」「空母好きとしてはたまらない」などのコメントがズラリ。「買うしか!」「やめてってマジでwww 欲しすぎるからwww」と購買意欲をそそられたつぶやきも見受けられた。

一方で、「約22万円か」「全110号はさすがに…」「月1万ぐらいでゴールは約2年後かぁ…」「全長1m超えって…」「置く場所…どうするか…」など、全号コンプリートした場合の代金や、完成時のサイズ感に恐れをなす人も散見された。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…