日本復喝!

迷走する学術会議は国民の信に応えよ 「軍民両用の二分化は困難」の見解で半歩前進 軍事忌避を宣言した過去の声明はすべて破棄すべき

ZAKZAK
岸田首相は、日本学術会議の「民営化」「廃止」に踏み切らないのか
岸田首相は、日本学術会議の「民営化」「廃止」に踏み切らないのか

年間10億円もの血税を使いながら軍事忌避をはばからず、自国の防衛研究にブレーキをかけてきた日本学術会議(本部・東京、梶田隆章会長)が迷走している。

そのブレーキを踏むのをやめようという動きと、踏み続けようという守旧派による「静かなバトル」が展開されているのだ。日本人の研究者から「学問の自由」を奪うことで喜ぶのは、日本をミサイル攻撃の標的にするどこかの国だけではないか。

学術会議は、法律で設置され、税金で運営されている。会員は先にも触れた通り、特別職国家公務員だ。それが1950年と67年の声明で「軍事研究は行わない」とした。2017年にも、防衛省(防衛装備庁)が先進的な基礎研究に資金を提供する「安全保障技術研究推進制度」の公募制度に対して、批判的な声明を出した。

自国の軍事研究は禁止する一方、中国とは15年、中国科学技術協会との協力促進を図る覚書を交わしたのだから、あきれるではないか。これは先述の安保技術研究推進制度の公募がスタートしたのと同時期にあたる。

ただ、学術会議には、民生と軍事の「デュアルユース」(軍民両用)の先端技術研究を否定しないサイレント・マジョリティーの存在がある。

日本共産党などの政治勢力の影響を嫌い、反国民的な姿勢の改革を進める動きが出始めているという情報が、筆者の耳にも入ってきている。歓迎すべき動きだ。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」