ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

高市早苗氏なら省庁の縦割りに横串を刺すことが可能 「日本として経済安保体制をどう強化するのか」期待

ZAKZAK
高市氏の突破力が期待されている
高市氏の突破力が期待されている

第2次岸田文雄改造内閣が先週10日に発足しました。注目された高市早苗氏は、経済安全保障担当相として入閣しました。

今年の通常国会冒頭、衆院予算委員会のトップバッターが高市氏で、私は直後にインタビューをする機会がありました。その時、経済安全保障に関する機密情報の取り扱い資格「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」を法案に盛り込むべきではないかと問題提起をしていました。

当時は、経済安全保障法制ができるよりも前です。適格性評価は、親族や交友関係、資産などまで調べるので、野党が「人権侵害だ」と反発するのは必至でした。まずは法案成立を第一に考えて先送りとなりました。

ただ、高市氏は「今後の法改正の際には盛り込みたい。毎年でも法改正をしていかなくてはいけない分野だ」と強い意欲を見せていました。今回の就任会見でも、「国際共同研究の推進を念頭に、認証制度の構築へ措置を講じる」と記した推進法の付帯決議を挙げ、スピード感を持って取り組むと語っています。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」