「ブラックアウトするかのような…」相席スタートの山添寛が『踊る!さんま御殿!!』で大汗

産経ニュース
ラジオ番組『サクラバシ919』の火曜パーソナリティーを務めている相席スタートの山添寛
ラジオ番組『サクラバシ919』の火曜パーソナリティーを務めている相席スタートの山添寛

相席スタートの山添寛が火曜日パーソナリティーを務めるラジオ番組『サクラバシ919』。8月16日(火)の放送では、「トーク番組で久々に大汗かいた」エピソードを披露した。

この日山添は、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の収録に参加。「久しぶりに観覧客がいる現場だった」と振り返る。

まず、「相方に借金をしている」といつも通りの自己紹介をしたところ、観覧客がドン引き…。最近ではすっかり〝クズ芸人〟キャラが定着しつつある山添だが、「(クズエピソードが)名刺代わりだったけど、一般の方の感覚ってこれなんだな」と衝撃を受けたと話す。

続いて、トークコーナーに入るものの、ここでもまた空回りしてしまう展開に。なんでも、山添のトークは「どうにもこうにも弱エピソードだった」とのこと。発表する前からうすうす気づいていたものの、他の共演者の話を聞いているうちに、「俺の持ってきている武器ってめちゃくちゃ弱いって」と痛感したそう。

また、トークの順番が最後だったようで、「順番がもうすぐくるってときが一番汗かいていた」と回顧。そしていざ、山添に順番が回ってきたものの、案の定大すべり。「ブラックアウトするかのような終わり方だった」と語る。

「どうなっているかオンエアを確認して」と山添。「弱エピソードスタンバイが、一番芸人にとって汗をかくんだなと発見しました。いやあ~、恥ずかしかったな」と意気消沈した。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛

『キングオブコント2022』準々決勝に意気込み

このほか放送では、『キングオブコント2022』についてもトークを。8月17日(水)に準々決勝を控える山添は「いいのか悪いのか、あんまりかかっていない」と心境を告白する。

なんでも、これまでは「このネタで爆笑とってやる!」という気持ちで臨んでいたが、今年は「鼻息は荒くない。いけたら、ちょうどタイミングがあったってことなんやろうなと思うくらい、気持ちがフラット」なのだとか。

「今までは鼻息が荒いコンビとして、決勝にいけていなかったけど、今年はフラットな感じだからもしかしたらいけるかもと逆に思う」と話す一方で、2回戦では「思ったより全然ウケなくて、たぶんギリギリで通っている」と弱気に。そんな中迎える準々決勝に、山添は「なんの期待値もないけど、肩の力が抜けている状態で頑張ってきます」と意気込んだ。(ラジオ大阪)


  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…