G大阪は力負けでリーグ残り10戦 石毛「最後の判断の質を高めないと」

サンスポ
清水に敗れ、肩を落とすG大阪イレブン=パナスタ
清水に敗れ、肩を落とすG大阪イレブン=パナスタ

明治安田J1第25節第2日(14日、G大阪0-2清水、パナスタ)17位のG大阪は、残留を争う15位清水に力負けした。

前半はボールを保持し、ブロックの前でパスをつないだが明確な決定機には至らず。後半は新戦力のFWアラーノ、FW鈴木らを投入。それでも戦況が変わらないまま時間が進むと、前がかりになったところを速攻で突破されて後半28分に失点。41分にカウンターから2点目を失った。

2点目を失って焦るチームは、狭い守備網の中に突撃する攻撃を繰り返した。前線の選手はボールを持つ相手DFに直進してかわされ、DFとGKは頭でボールを受け渡しすることがままならず。徐々に組織された連係を欠いていった。

片野坂監督は「この一戦の重要性はわかっていたが、この結果になって申し訳ない。前半の3トップの関係はすごくよかった。先制点を取っていたら違う展開になっていたかもしれない」と反省とともに前を向いた。先発して3トップの一角を担ったFW石毛は「いつもより縦パスが入って、3人目の動きがあった感覚はある。(得点まで)あと少しという雰囲気はあった。最後の判断の質を高めないといけない」と語った。

勝ち点を積み上げられず、17位のままで残されたリーグ戦は10試合。広島や横浜M、鹿島ら上位陣との対決もある。その中で勝ち点をもぎ取っていく策を、一丸となって遂行するしかない。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図