祈りの光 春日大社で中元万燈籠

産経ニュース
燈籠に火をともすお盆の伝統行事「中元万燈籠」が行われた春日大社=14日午後7時13分、奈良市(沢野貴信撮影)
燈籠に火をともすお盆の伝統行事「中元万燈籠」が行われた春日大社=14日午後7時13分、奈良市(沢野貴信撮影)

世界遺産・春日大社(奈良市)で14日夜、約3千基の燈籠(とうろう)に火をともすお盆の伝統行事「中元万(ちゅうげんまん)燈籠」が行われ、境内は幻想的な明かりに包まれた。

同大社には平安時代から貴族や武士、庶民が燈籠を奉納。境内には石燈籠約2千基、釣燈籠約千基があり、万燈籠は節分と盆に行われている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中元万燈籠が一般に公開して行われるのは3年ぶり。

この日は花山院弘匡(かさんのいんひろただ)宮司が本殿前の燈籠に火を入れると、境内の燈籠に次々と点火。訪れた参拝者はさまざまな願いを込めるとともに、美しい光に見入っていた。15日も行われる。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信