8月15日OA坂口健太郎、杏ダブル主演の月9「競争の番人」第6話あらすじ 桃園(小池栄子)が因縁の対決?

イザ!

「競争の番人」第6話あらすじ

白熊は、先輩審査官、桃園千代子(小池栄子)の聴取を見学。見事な聴取に感心していると、桃園から小勝負は教えてくれないのかと尋ねられ、教わったことは何もないと答える。2人がダイロクに戻ると、小勝負はキャップの風見慎一(大倉孝二)、六角洸介(加藤清史郎)と押収した証拠品を身につけて遊んでいるように見える。小勝負は着てみたらいろいろわかるかもしれないと言うが…。そんな時、新たな調査案件が舞い込む。

赤羽千尋(真飛聖)。(C)フジテレビ
赤羽千尋(真飛聖)。(C)フジテレビ

今回の調査案件は大手呉服店「赤羽屋」による私的独占。ある事業者が他の事業者の参入を妨害、排除するなどして市場の競争を制限する行為だ。妨害を図っているのは同社社長、赤羽千尋(真飛聖)で、情報を提供したのは呉服店「ファイブシーズン」社長の井出香澄(萩原みのり)。メンバーに説明する風見はいつも以上にピリピリしている。上司の本庄が出張のため、留守を任されていたからだ。

井出香澄(萩原みのり)。(C)フジテレビ
井出香澄(萩原みのり)。(C)フジテレビ

小勝負と白熊は千尋の着付け教室へ。千尋は客には温和だが、従業員には厳しい態度で臨んでいる。次に2人は香澄から話を聞く。元々赤羽屋で働いていた香澄は、千尋の厳しさについていけずに退職。経営コンサルタントの栗田保(篠原悠伸)に相談してファイブシーズンを立ち上げ、直接織元と契約を結んで上質な着物を安く手に入れる新しい経営を始めた。だが、最近、職人が次々と契約を切るようになり、香澄は千尋が圧力をかけたのだろうと疑っていた。小勝負たちから話を聞いた桃園は、千尋から事情聴取しようと言い出す。桃園と千尋は過去に因縁があった。

小勝負勉(坂口健太郎、左手前)と着付けされる白熊楓(杏、奥右から2人目)。(C)フジテレビ


  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 俳優の志垣太郎さんが3月に死去していた 70歳 急な体調不良による心不全で 長男が報告

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…