8月15日OA坂口健太郎、杏ダブル主演の月9「競争の番人」第6話あらすじ 桃園(小池栄子)が因縁の対決?

イザ!
赤羽千尋(真飛聖)から聴取する桃園千代子(小池栄子)。(C)フジテレビ
赤羽千尋(真飛聖)から聴取する桃園千代子(小池栄子)。(C)フジテレビ

日本のドラマ史上初めて公正取引委員会を舞台にした坂口健太郎、杏ダブル主演の月9「競争の番人」(フジテレビ系)の第6話が15日に放送される。これまでの流れを振り返りながら、第6話のあらすじを紹介する。

「競争の番人」これまでの流れ

原作者の作家、新川帆立さんが、性格や考え方の違う公取委審査官、小勝負勉(坂口)と白熊楓(杏)の2人を主人公に、同じ法曹界の凸凹バディを題材にした月9「HERO」の“令和版”をイメージして書いた作品。ここまでの放送で、小勝負や白熊が所属する第六審査(ダイロク)は、栃木県日光市の大手ホテル3社によるウエディング費用のカルテルや、世界的な電機メーカー、アレス電機の下請けいじめを調査。さまざまな障害を乗り越えながら、なんとか摘発にこぎつけてきた。

左から、六角洸介(加藤清史郎)、小勝負勉(坂口健太郎)と桃園千代子(小池栄子)。(C)フジテレビ
左から、六角洸介(加藤清史郎)、小勝負勉(坂口健太郎)と桃園千代子(小池栄子)。(C)フジテレビ

アレス電機の調査に関連し、同社の商品開発本部長、柴野竜平(岡田義徳)が、大手ゼネコンの役員が殺された強盗殺人事件の捜査の過程で白熊が確保しそこなった人物だったことも判明。彼を取り逃がしたことで、白熊は公取委へと異動になったが、警察はなぜか事件の捜査を中止したままだった。柴野も関与を否定しており、別件で疑われていた横領事件も柴野ではなく、部下の北村雅也(阿部翔平)が逮捕された。そして、第5話(8日放送)の最後で、小勝負がその強盗殺人事件を報じたニュースサイトの記事に関心を示し、ダイロクの審査長、本庄聡子(寺島しのぶ)を呼び出した国土交通省の事務次官、藤堂清正(小日向文世)も同じ記事に目を通していた。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信

  5. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意