関西でもUターンラッシュ

産経ニュース
新幹線から降車した乗客で混雑するJR新大阪駅のホーム =14日午前、大阪市淀川区(柿平博文撮影)
新幹線から降車した乗客で混雑するJR新大阪駅のホーム =14日午前、大阪市淀川区(柿平博文撮影)

新型コロナウイルス禍で初めて行動制限がなかったお盆のUターンラッシュが14日、関西でも本格化した。

混雑する駅や空港では各種検査で陰性を確認して出発する人も見られ、「第7波」の中でも利用者は昨年を上回るペースに。ただJR西日本によると、最も混雑すると見込まれた時間帯でも、岡山駅を出た山陽新幹線上りの自由席乗車率は60~80%だった。

JR新大阪駅の下り新幹線ホームは昼に近づくにつれて乗客は増えた。大阪府守口市の中学1年の女子(13)は山口県下関市の祖父母の実家で海水浴を楽しんだという。「夏は3年ぶり。海はきれいで気持ちよかった」とはにかんだ。

関西空港では国際線フロアにも人が戻り始めた。京都市左京区のヤン・ヒョンジュさん(48)は約3年ぶりに息子2人を連れて韓国へ。「両親が久しぶりに孫に会えてすごく喜んでいた。もっと気軽に行き来できるようになってほしい」と話した。

  1. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  2. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も