飛驒川に消毒剤流出、魚が大量死 岐阜・高山

産経ニュース

岐阜県高山市は14日、同市久々野町久須母の屎尿(しにょう)処理施設「久々野衛生センター」から、汚水処理水の消毒などに用いる次亜塩素酸ソーダが流出したと発表した。施設周辺の飛驒川でアユなどの魚約千匹が死んでいるのが見つかり、市は次亜塩素酸ソーダが原因とみている。人的被害は確認されていない。市は流出の原因を調べている。

14日午後1時45分ごろ、施設周辺の釣り客から「魚が浮いている」と益田川上流漁業協同組合(高山市)へ連絡があった。

流出量は最大1250リットルとみられる。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図