上海で9月に小中学生の登校再開 3月以来、日本人学校も対象

産経ニュース
ロックダウンが続き、閑散とする中国上海市内=5月16日(共同)
ロックダウンが続き、閑散とする中国上海市内=5月16日(共同)

中国上海市は14日、小中学校の児童生徒の登校を9月1日から認めると発表した。小中学校は新型コロナウイルス対策で3月中旬からオンライン授業に切り替わっていた。上海日本人学校も早期の登校再開を目指すとしている。

市は、教員や児童らの登校の際、PCR検査の24時間以内の陰性証明提示が必要だとしている。校内では換気や消毒を強化する。

上海市では3月から感染者が急増。同下旬からロックダウン(都市封鎖)が約2カ月間続いた。市は6月、受験を控えた中国の中学3年生らに限って登校を認めていた。(共同)

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図