水野美紀、ママで初の劇団ステージ「全て、作品に反映させます」 主宰ユニット、プロペラ犬の第8回公演『僕だけが正常な世界』

サンスポ
プロペラ犬第8回公演「僕だけが正常な世界」を上演する主宰の水野美紀
プロペラ犬第8回公演「僕だけが正常な世界」を上演する主宰の水野美紀

女優、水野美紀(48)の主宰劇団ユニット、プロペラ犬の第8回公演「僕だけが正常な世界」が、12月16~25日に東京・西池袋の東京芸術劇場シアターウエストで上演されることが13日、分かった。同ユニットの公演は2016年以来6年ぶりで、17年に第1子を出産した水野にとってはママになって初の劇団ステージとなり、「母になって喜びも不安も悲しみも感動も色濃くなりました。全て全て、作品に反映させます」と誓った。

愛憎ドロドロ劇での怪演ぶりが話題になるなど〝異常な世界〟の個性派キャラも体現する実力派女優が、ライフワークの舞台を再開する。

プロペラ犬は、水野が2007年に旗揚げした劇団ユニット。一緒に仕事をしたいキャスト、スタッフを自ら選び、映像作品では演じられないような役にトライするなど自身にとって挑戦となってきた場所だ。第7回公演「珍渦虫」(16年)では脚本に加え演出も担当するなどクリエーター魂もぶつけてきた。

私生活では16年6月に俳優、唐橋充(45)と結婚し、翌17年7月に第1子が誕生。その後は育児と女優業を両立させ、「奪い愛、夏」「M 愛すべき人がいて」など人気ドラマで存在感を発揮。プロペラ犬から遠ざかっていたが、吸収したものを〝ホーム〟で表現すべく、6年ぶりに上演が決定した。

虚構と現実が入り交じる多層的な世界を描いてきた同劇団ユニットが新作「僕だけが正常な世界」で挑むのは、ダンス・歌も取り入れたダークファンタジー。前回同様、水野が作・演出・出演の3役を担う。

  1. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  2. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も